玄関錠 サムラッチ錠本体の交換

>ブログ担当スタッフJです。


玄関の鍵と部品交換です。

扉や鍵が開け閉めしにくいとのご相談でした。

現場に行ってみると、サムラッチ錠がついていました。


サムラッチ錠は、親指で錠前の舌のような部品を押しながらドアを開閉するタイプの錠前です。

飾り彫刻のあるオシャレな見た目の物が多く、20~30年ほど前に流行っていました。

独特な構造と経年劣化の影響で不具合が発生し、交換のご依頼をいただくことがあります。


こちらのサムラッチ錠も、操作が固くなりラッチボルト(錠の部品)が動かなくなっていました。

建築会社さんに修理の見積もりを出してもらったところ、ドアの交換を提案されたそうですが・・・予算オーバーのため当店にご相談いただきました。


ドアは交換せず、錠前とカギ一式を交換しました。

操作は軽くなり、鍵も扉も問題なく開け閉めできています。

見た目もキレイになりました。


サムラッチ錠の多くは設置後に年数が経っている物が多いです。

不具合が起きるとラッチボルトが動かなくなり、最悪扉が開閉できなくなる恐れがあります。

もしお使いのサムラッチ錠の操作に違和感や不調があれば、早めにセキュリティロックにご相談ください。