トヨタ車 ブランクキー持込み作製

>ブログ担当スタッフ Jです。

合鍵のお客様です。


イイ感じのエンジン音が聞こえてきたので外を見ると、トヨタ・チェイサーが!!?

某クルマ漫画の影響もあって、80~90年代のクーペやセダンが大好きな Jは大興奮。


オークションで落としたファッションキーで合鍵を切りたいとのことでしたので、持ち込み合鍵のカットについての説明をし、同意いただいてからカット。

古いクルマなので元カギも摩耗しており、慎重に調整しながら作業を進めました。



ドアもエンジンも問題なく回り、無事作製完了。

持ち込みをお断りするカギやさんもいるらしく、とても喜んでいただきました。


ブランクキー持ち込みでのカットは失敗が許されないので気を遣います。

今まで失敗したことはありませんが(笑)


先日、同じようにブランクキー持ち込みのお客様がいらっしゃいましたが、キーウェイ(カギのミゾ)が元カギと違っていたためカットすることができませんでした。

ブランクキーをネットで注文する際は、手元のカギと見比べ、よく調べたうえでのご購入をお勧めします。

粗悪なブランクキーは、キーの厚みやミゾ幅が違う物もあります。

そのような物の持ち込みカットはお断りさせていただいています。


チェイサー、カッコよかったなあ・・・